ネット

    1:2016/05/02(月) 16:15:08.82 ID:
    http://www.oricon.co.jp/special/48911/
     大阪府内のある小学校が「4年生男子の将来の夢」を調査した結果、
    第1位には不動の“サッカー選手”、2位に定番の“医者”、そして3位に“YouTuber(ユーチューバー)”
    がランクインしたことで大きな話題になっている。数年前、女子高生の「なりたい職業ランキング」で
    “キャバクラ嬢”が1位になったときも世間を驚かせたが、今やYouTuber……時の移り変わりを感じざるを得ない。
    なぜ、子どもたちはYouTuberに憧れるのか? ある専門学校では「YouTuberコース」まで開設されているのだ。

     YouTuberとは、動画SNSのYouTubeに「○○をやってみた」系や「ゲーム実況中継」その他、何でもアリで動画をアップし、
    そこに広告を入れ込むことでGoogleからビュー数に応じて広告収入が振り込まれる、というシステムで収入を得ている人たちのこと。
    数年前から流れる「好きなことで、生きていく」をキャッチフレーズにしたYouTubeのCMで、一躍YouTuberの名は一般にも知られるようになり、
    HIKAKINやはじめしゃちょー、女性YouTuberの木下ゆうかなどのスターを生み出した。今では、波多陽区や東京エレキテル連合といった芸人たちも、
    YouTuber 界に“逆進出”しているような状況だ。
     実際、彼らの動画を見たことのない人は「よっぽどすごいことをやってるんだろう」と思うだろうが、今「○○をやってみた」系の
    第一人者であるはじめしゃちょーの場合、ジェンガで階段を作って登ってみたり、ニベアクリームを100個分入れた風呂に入ってみたり…といった“ノリ”。
    ゲームの実況中継では、ゲームをしながら「ワーッ!キャーッ!」とやってるだけだし、女性YouTuberの場合は、メイクの解説やその他、歌を歌ったり、
    ダンスをしたり、料理を作ったり、大食いしたり……といった感じなのである。

     彼らの“芸”についてYouTuberに詳しいエンタメ雑誌の編集者は次のように語る。
    「正直言って、40代以上の一般人にとっては、ほとんどが学芸会ノリの“内輪ウケ”にしか見えないでしょう。テレビに出たとしてもまったく通用しません。
    でもYouTuber自身は、YouTubeとその他の活動で十分やっていけるので、マスメディアの必要性をあまり感じてないし、
    テレビに出たいという欲も薄いでしょう。それでも、けっこうイケメンのYouTuberであれば、ファン参加型のイベントなどで
    数千人規模のお客さんが集まる。若い人たちにとって彼らはアイドル的な存在なんです」
     今、日本には数万人レベルのYouTuberがいるとも言われ、有名YouTuberにもなれば10万人以上のファンがつき、
    動画の視聴回数も数百万回を超えるのはザラ。その影響力もバカにできない。収入も、HIKAKINにいたっては年収1億円を超えるという説もあるが、
    実際にそれだけで生活できるYouTuberはごくわずか。かつて『クローズアップ現代』(NHK総合)でも、YouTubeに動画をアップしたら
    月にけっこうな収入があったので、「これだけで生活できる」と脱サラしたら収入が激減したという実例をあげていた。

    ただ最近では、若いYouTuberたちが事務所に所属するなど、今までの“ノリで動画をアップしたら、いつの間にかお金が稼げた”的なものから脱却し、YouTuberたちを組織化、ビジネス化する動きもあるようだ。税金対策とも言われるが、それだけYouTuberたちが稼いでいることもまた事実なのである。
     そうした流れは教育分野にも及んでいる。インターナショナル・メディア学院は2016年3月、日本初の本格的な「YouTuberコース」の開設を発表。
    自分自身は顔出しせずに活動することを目指し、ITの基礎知識を学んで、どのようなジャンルの動画にするか、動画チャンネルの動画再生回数をどうやって増やすかなど、具体的な手法を研究して、YouTuberとしての技能を身につけるという。
     ちなみに同学院のHPでは、「ご自分のお子様をターゲットの動画として、ご両親がこのコースを受講できます」と付記され、若者だけではなく、その親の世代への訴求も行なわれている。
    「実際、今YouTubeでは、“子ども(小学校低学年以下)”がオモチャやゲームで遊びながら解説するという動画が、若者のYouTuberにまさるとも劣らない
    人気なんです。もちろん親たちがその背後にはいるのでしょうが、テレビなどのコンテンツと同じで、子どもネタはハズシがない。5歳のがっちゃんというスターがいたり、“YouTuberキッズ”なんて言葉があるくらいですから」(前出・スタッフ)
    【【ユーチューバー】小学生の夢、第3位に「ユーチューバー」がランクイン 専門学校で学ぶ人も】の続きを読む

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1461733608/
    1:2016/04/27(水) 14:06:48.96 ID:
    米Googleは4月26日(現地時間)、YouTubeの新しい動画広告サービス「Bumper」を発表した。
    動画の前に表示される6秒間の広告で、モバイル版YouTubeアプリで特に効果があるとしている。

    同社の調査によると、米国在住の18~49歳の約50%は、オンライン動画を視聴する際、まずモバイル端末を選ぶという。
    Bumperはそうしたモバイルユーザーが気軽に楽しめる広告を目指したもの。
    Googleは「Bumperは動画広告の俳句」と定義する。

    12~180秒の長さの動画広告「TrueView」は5秒過ぎるとスキップできるが、Bumperは最後までスキップできない。

    テスト段階では、BumperはTrueViewと組み合わせると効果が上がったという。
    例えば独Audiは新車のTureView広告動画から6秒分を抜き出したBumperを2つ作成した。

    BumperはAdWordsのCPMベースの広告として幅位する。5月に提供開始の予定だ。

    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1604/27/news097.html
    28:2016/04/27(水) 14:14:24.41 ID:
    >>1

    ここに広告出している企業に、不買運動しようぜ。
    39:2016/04/27(水) 14:16:20.89 ID:
    >>1

    どうせアドオンで遮断できるやつでるんじゃないの
    392:2016/04/27(水) 15:22:08.12 ID:
    >>1
    俺の友達にもスキップできない奴がいて
    ダンスの授業で恥かいてた
    【【ネット】YouTube、スキップできない動画広告「Bumper」を5月からスタート】の続きを読む

    このページのトップヘ