PC関連

    1:2016/10/03(月) 10:14:34.74 ID:
    Windows 10 Anniversary Updateの累積的アップデートでトラブル発生(Yahoo!Japanニュース/ITmedia PC USER/鈴木淳也 10月3日(月)6時25分配信)
    http://9ch.net/Kr
    http://9ch.net/AB

     
    公開直後の不具合が話題となったAnniversary Updateだが、今度は累積的アップデートの配信で新たなトラブルを巻き起こしている。


    9月29日(米国時間)、Windows 10のAnniversary Update(1607)向けに累積的アップデート(Cumulative Update)の配信が始まったが、ユーザーからトラブルの報告が相次いでいる。

    【画像1】8月2日に公開されたWindows 10の大型アップデート「Anniversary Update(1607)」
    http://9ch.net/yk

    問題となっている累積的アップデートは「KB3194496」だ。これを8月2日に一般公開されたWindows 10の大型アップデートであるAnniversary Updateに適用することで、バージョンは「Build 14393.222」となる。

    基本的には恒例のバグ修正やパフォーマンス向上を中心としたアップデートだが、公開直後から前述のクレームがTwitterなどのソーシャルネットやユーザーフォーラムで拡散し始め、Microsoftのコミュニティーサイト上にも専用のスレッドが登場して数多くの書き込みが行われている。

    【画像2】KB3194496の適用によるトラブルがMicrosoftのユーザーコミュニティーでも話題に
    http://9ch.net/bc


    KB3194496については、下記のような症例が報告されている。

    ●ダウンロードが途中(○○%などユーザーによってまちまち)で止まる

    ●アップデートが完了せず自動的に従来バージョン(November Updateなど)に戻る

    ●再起動のループに入る

    ●マウスやキーボードが無効化される

    どの症例もKB3194496がインストールできないか、仮にインストールできてもすぐにシステムがダウンしてしまうなどの障害が出るケースがあるようだ。以前のバージョンへと戻すか、KB3194496を削除することで問題が解決するという。

    ただし、この症状が出るのは全てのユーザーではない。問題なくインストールが完了してそのまま利用できているユーザーも多く、一部での障害とみられる。Microsoft社員によるユーザーコミュニティーへの投稿によれば、同社は既に事態を把握しており、詳細が判明次第、情報共有していくとのことだ。


    ■問題解決までインストールは避けたほうが無難

    KB3194496が問題を起こすケースでは、インストールできたとしてもトラブルが継続する可能性が高い。当面の対策として、Microsoftがこの問題を解決するまで、アップデートのインストールは避けた方がよいだろう。

    Windows 10 Homeの場合は基本的にアップデートそのものを防げないため、再起動のタイミングを先延ばしする設定で時間を稼ぐくらいしかできない。問題の発生状況からみて、Microsoftは数日中に何らかのアクションを起こすだろう。

    【画像3】Windows 10 HomeはWindows Updateの更新が自動で行われる。ユーザーは、Windows Update適用後の再起動タイミングを遅らせる設定で時間を稼ぐくらいしかできない
    http://9ch.net/gi

    ■一般ユーザー向けの配信を急ぎすぎたか

    今回の件に関して、米ZDNetのメアリー・ジョー・フォリー氏がアップデートの提供タイミングに関して苦言を呈している。

    Windows Insider ProgramのFast Ringユーザー向けには9月28日の時点で既に「Build 14936」が提供されているが、残るInsiderのSlow RingとRelease Previewについては同日のタイミングでKB3194496を適用するBuild 14393.222が配信された。つまり、実質的にKB3194496の一般ユーザー向け配信とは1日しか差がない。

    Microsoft社内向けの配信より更新ペースが早いFast Ringを除けば、Slow RingやRelase Previewは本来Insiderとして「人柱」的役割を担うべきものだ。しかし、今回は一般ユーザー向けの配信と1日しか差がなかったため、テストが十分に行われなかったのではないか、というのが話の趣旨だ。

    確かに、少なくとも数日程度でも余裕を持ってInsider内部でアップデートの適用範囲を広げていれば、一般ユーザー向けの公開前に問題を把握できた可能性がある。

    そもそも累積的アップデートの定期的な適用、特にWindows 10 Homeユーザーのアップデートをほぼ強制状態にしているのはセキュリティ対策のためだ。これが逆にユーザーに不安を与えるようでは本末転倒であり、Microsoftの早急な対応を望みたい。


    【関連/PC】 Windows 10 Insider Preview。 14926 以降のビルドへ更新ができないと 10月15日以降に起動しなくなる恐れが 社説+板
    http://shiba.2ch.net/test/read.cgi/editorialplus/1475402827/
    2:2016/10/03(月) 10:16:39.32 ID:
    これがアベノミクスの成果か
    5:2016/10/03(月) 10:18:14.70 ID:
    よっしゃあああああああああああああああ

    XPのオレは勝ち組決定
    405:2016/10/03(月) 11:44:49.96 ID:
    >>5
    お前は、もう死んでいるw
    【【アップデート地獄w】 Windows 10 Anniversary Update の累積的アップデートでトラブル発生 【続報】】の続きを読む

    1:2016/08/20(土) 15:54:47.90 ID:
    これは販売それともリース?ネットを絶句させたPCデポのHDD「5TBで8,500円(但し4TBはクラウド)」
    2016/8/17 12:00 ネット事件

    PCデポの店頭で撮影されたという値札の写真に多くの人々が絶句しているようです。

    問題のHDD
    http://imgur.com/OSAHq1W.jpg

    これはネットに投稿された画像が話題になっているもので、ポータブル外付けHDDが「5TBで8,500円(セルフスタイルノンサポート価格7,000円)」と書かれていますが、よく見ると5TBの内訳がこうなっています。

    「5TB(1TB+4TBクラウド)」

    つまりHDDとしては1TBで、4TB分はクラウドにネット保存することで5TBですよ、という意味だと捉えられています。

    更に小さくこんな但し書きも。

    「※購入月を含む12ヶ月間ご利用いただけます。
    以降は年額13,000円(税別)の更新料金でご利用いただけます」

    「これは販売ではなくてリースではないのか」という疑問が相次いでいますが、代金を支払えば済む通常の購入形態ではないことは
    「※お申し込みにはご本人様確認書類(免許証など)、クレジットカードが必要です」と書かれていることからも明らかで、
    仮に法的には無問題であるとしてもこういう販売方法はまずいのではないか、との声が殺到しています。

    またPCデポが提供しているクラウドサービスの規約を見ると「データ等のバックアップ」という項目にこう表記されています。

    「当社は本サービス内に蓄積されたデータ等について、その破損に備えて予めデータの複製を行いません。
    また、何らかの事由により破損したデータの復元はいたしません。」

    今回の商品表示札にはどのクラウドサービスを利用できるのかについて明記はされていないものの、こうした規約に準じているとすれば
    バックアップすら取られていないクラウドなど怖くて利用できない、という声も上がっており、サービスそのものの水準に対する疑問が広がっています。

    とは言え、今回のHDD本体が1TBで買い切り7,000円だとすればアマゾンで販売されている1TB HDDが7,000~8,000円台程度からあることに鑑みれば価格的には決して高いとは言えません。

    但し、4TBの外付けHDDがアマゾンで13,000円台から購入できることを踏まえると、「年額13,000円」というPCデポの手法に疑問の声が出るのも致し方無いと言えそうです。
     
    http://www.buzznews.jp/?p=2082162
    4:2016/08/20(土) 15:57:02.79 ID:
    >>1
    時代はクラウドだろ
    これを批判している方が時代についていけてない連中
    268:2016/08/20(土) 16:23:03.87 ID:
    >>4

    ozzio drive サービス利用規約
    http://www.ozzio.jp/ozziodrive/agreement.html
    ・データの消失に責任負わないから自分でバックアップ取っとけ
    ・データをチェックして違法なものがあったら消す
    ・完全性、正確性、確実性、有用性等につき、いかなる保証も行わない
    ・更新月の20日までに申出ないと契約自動更新
    ・解約してもその年の料金は満額もらう。日割計算はしない
    ・契約者が死んだら相続人に請求する
    ・サービスはPCデポの都合で一方的に打ち切るけど、月割でしか返金しない

    これって「クラウド」と呼べる代物かねぇ。
    281:2016/08/20(土) 16:23:52.84 ID:
    >>268
    これに呼び名を付けるなら
    「呪い」だな
    【【IT】PCデポ 1TBのHDDに有料クラウド4TB(年13000円)を付けて5TBのHDDとして販売 ネット絶句】の続きを読む

    1:2016/07/05(火) 17:30:17.64 ID:
    米マイクロソフトの基本ソフト(OS)「ウィンドウズ10」の無料更新を巡り、利用者から勝手に
    更新されたと問い合わせや苦情が相次いだ問題で、日本マイクロソフトの平野拓也社長は5日、
    「ご迷惑をお掛けした。非常に反省している」と謝罪した。経営方針を説明する記者会見で言及した。

    5月中旬から利用者にネットで更新日を通知し、自動更新する方法を採用したが、拒否する場合に
    必要な手続きに気付かない人も多かったようだ。7月1日から更新の意思をはっきり問うメッセージに
    切り替えた。

    ウィンドウズ10の無料提供は今月29日に終了する。

    ソース/京都新聞社
    http://www.kyoto-np.co.jp/economy/article/20160705000083
    452:2016/07/05(火) 20:18:15.46 ID:
    >>1
    M$工作員のクソみたいなレスが気分悪いんだよ
    関連スレが立ち上がれば、Win10アップグレードしない奴は情弱だバカだ老害だと煽りまくり
    ポジショントークするライターも気分悪い
    この阿久津とかいう糞ライターは露骨なM$擁護しまくり
    http://news.mynavi.jp/articles/2016/07/05/windows10report/

    クソ社長の焼土下座待っとるわ
    510:2016/07/05(火) 21:05:20.34 ID:
    >>452
    日本のMSの社長が何百回土下座しても、米国本社は痛くも痒くもない。

    そもそもビル・ゲイツがMSを作ったときの動機が、OSによる世界支配(植民地化)なんだから。
    617:2016/07/05(火) 22:30:41.94 ID:
    >>1
    > 日本マイクロソフトの平野拓也社長

    ご尊顔を伺おうと思ってグーグル画像検索したら、変な外人しが出てこない
    【【win10アップデートの件でMS社長謝罪!】日本マイクロソフト社長、更新問題で謝罪 ウィンドウズ10巡り「反省」】の続きを読む

    1:2016/06/21(火) 22:46:03.37 ID:
    2016年06月21日 12時30分00秒

    Microsoftが、Windows 10搭載のノートPCでそれぞれのウェブブラウザがどれぐらいバッテリー消費に影響を与えるのかを調べたところ、Google Chromeが最も「バッテリーを食う」ブラウザだったことが判明しました。

    Get more out of your battery with Microsoft Edge | Windows Experience Blog
    https://blogs.windows.com/windowsexperience/2016/06/20/more-battery-with-edge/

    テストに用いられたのはMozilla Firefox、Microsoft Edge、Google Chrome、Operaの4つのブラウザです。

    それぞれの電力消費量をグラフ化したものがこれで、色分けはそれぞれCPU使用・GPU使用・Wi-Fi使用による消費を示しています。
    左端はブラウザ起動なしの時の基準値で、電力消費量は318mW(ミリワット)。最も電力消費量が少ないのはMicrosoft Edgeで2068mW、続いてChromeが2819mW、Operaが3077mW、Firefoxが3161mW。

    こうした数字が机上のものではないことを示すため、Microsoftでは実際にWindows 10搭載の「Surface Book」でブラウザを起動し、実機調査を行いました。

    Microsoft Edge Experiment: Battery Life - YouTube


    ムービーはテストが3時間を経過したところから始まります。

    4台とも4時間は越えましたが、4時間19分50秒で、まずはChromeを起動していたSurfaceがバッテリー切れ。

    5時間9分30秒で、Firefoxを起動していたSurfaceがバッテリー切れ。

    残り2台は6時間越え。

    しかし、6時間18分33秒でOperaも力尽き……

    7時間を越えて……

    Edgeを起動してたSurfaceのバッテリーが切れたのは7時間22分7秒でした。

    電力消費量のグラフでは、ChromeはEdgeに次ぐ2位の低さだったはずですが、実機では最もバッテリー消費の多いブラウザということになりました。

    もし外出先などで、Windows 10端末を長時間バッテリーのみで使用するときには、Edgeを使えば他のブラウザを使うよりも長くバッテリーが保つのかもしれません。

    ちなみに、MacBook ProだとChromeやFirefoxよりもSafariの方がバッテリー駆動時間が長いことが分かっています。

    (続きや関連情報はリンク先でご覧ください)
    引用元:gigazine http://gigazine.net/news/20160621-power-efficient-browser/
    21:2016/06/21(火) 22:52:44.27 ID:
    >>1
    GIGAZINE自体が転載サイトなんだけど・・・
    49:2016/06/21(火) 23:05:53.66 ID:
    >>1
    Edge以外のブラウザが起動するとバッテリー消費するプロセスがしこまれてるんか。
    110:2016/06/21(火) 23:54:18.33 ID:
    >>1
    >【IT】ChromeがノートPCのバッテリーを最も減らすブラウザであるということがMicrosoftのテストで判明 (gigazine)
    >Google Chromeが最も「バッテリーを食う」ブラウザだったことが判明しました。

    chromeがバッテリー食うのか食わないのかどっちなんだよw?
    【【IT】ChromeがノートPCのバッテリーを最も減らすブラウザであるということがMicrosoftのテストで判明 (gigazine)】の続きを読む

    1:2015/08/22(土) 14:20:33.87 ID:
    http://img.2ch.sc/ico/mac.gif
    仏VideoLAN Projectは20日(現地時間、以下同)、メディアプレイヤー「VLC media player」の
    Windows Phone版「VLC for Windows Phone」のパブリックベータ版を公開した。

    現在、21日に公開された不具合を修正版v1.6.2が“Microsoft ストア”から無償でダウンロードできる。

    http://www.forest.impress.co.jp/docs/news/20150821_717317.html
    4:2015/08/22(土) 14:23:37.66 ID:
    Potplayer
    6:2015/08/22(土) 14:24:01.43 ID:
    >>4 が正解。
    5:2015/08/22(土) 14:23:47.83 ID:
    Potplayer
    【【最強メディアプレイヤーはどれだ?】 「GOM Player」「MPC-HC」「VLC」 結局どれにしとけばいいんだよ!】の続きを読む

    このページのトップヘ